スケジュール帳のメリット・デメリット

スケジュール帳(綴じ手帳)は、システム手帳よりもとっつきやすいのがメリットです。
大体が1000円~2000円で売っていますので、
人によってはシステム手帳のリフィルを買うより安く買えて経済的です。

サイズはシステム手帳に準じた大きさが主流ですが、
リフィルの互換性を考えなくていいので、色々なサイズがあります。
また、ちょうどリフィルの大きさですので、
スーツのポケットに入れてもかさばりません。

ですがやはり、自分でカスタマイズできない点はデメリットでしょう。
システム手帳用には議事録リフィルや顧客管理リフィルなど多種多様なリフィルがありますが、
スケジュール帳にはごく一般的なツールしか入っていません。

また、ページを増やすことができませんので、
たくさん書き込むと一年もたずに足りなくなってしまうことがあります。

スケジュール帳は、こだわりを持って使い込むというより
どこでも気軽にメモしたいという人に向いているでしょう。
[PR]
by toshiko_angel | 2011-04-08 16:03 | 特徴